大学の授業がつまらない!2つの解決法を全力で伝えるよ!

 

この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは。
トモミツです。

大学の授業って、
何だかつまらないですよね・・・笑

僕は経営のことを学ぶために、
経営学部に入ったんですが、

なぜか、
経営に関する授業がほぼなくて、
大学1年生のときに、

「マジで!大学の授業つまんね!!」

って思ってました。笑

どうして大学の授業はつまらないのか、
その原因と解決法を全力でまとめました。

 

大学の授業がつまらない原因

大学の授業がつまらないと思っていても、
原因は色々・・・

僕が実際につまらないと感じたのは、
どういったことが原因だったのでしょうか。

 

原因① 取りたい授業がない!

まず僕は、
圧倒的にコレでした。

(でもこれは、
あんま共感されないかも。笑)

経営学部で、
経営のことをガッツリ学びたかったのに、

なぜか必修の

・英語
・ドイツ語

の授業を、
取らないといけなかったり。

あとは、
教養とかいうナゾすぎる授業も、
取らなくちゃいけなくて、

・東洋史
・哲学
・政治学
・数学情報を読むために

こういった授業も、
取っていました。

(全部楽単。笑)

でも、
僕は経営のことを学びに、
大学に入ったのに、

経営に関連しない授業を、
いくつも取らされるのって、
オカシイですよね!?笑

「1年生なんだから教養やっとけよ!ゴラァ!」

ってのが大学側の意見なんだろうけど、
僕からしたら、
そんなの関係ない。

だって、
僕は100万円払って、
大学に入学してるんだ。

経営学部なんだから、
経営のことをガッツリ学べないのは、
おかしい。

学びたいことを学べなかった。

だから、
僕は大学の授業がつまらなかった。

 

原因② 授業が一方的すぎる

これは、
けっこう共感してくれる人がいそうです。笑

大学の授業って、
なんかやけに一方的じゃないですか。

もちろん、
生徒に考えさせる場面も、
ちょこっとはあったりするけど、

大学のほとんどの授業が、

教授がただ一方的に話している授業

 

ですよね。

自分に興味のあることを、
面白おかしく話してくれるなら別ですが、
大学の授業ってそうじゃないと思います。

今まで、
小学・中学・高校で、
こういった一方的な授業は、
たくさん受けてきたと思います。

僕なんかは、
大学でもっとグループワークとか、
生徒に考えさせる授業が多いのかなと思ったけど、
現実は全然違った。

言っちゃ悪いけど、
こんな授業に1年100万円も払ってると思うと、
バカバカしく思えてくる。

(ちょっとアツくなっちゃった。笑)

でもさ、
本見りゃ分かることを、
ただ教授が言ってるだけよ。

それって本当に、
学生のためになってるんでしょうか?

大学に来てるんだから、
みんなで意見交換したり、
積極的に教授と関わったり。

本では得られない体験

だったり、

本では得られない学び

が得られるような授業にしてほしい。

だって、
たくさんの学費を払ってるんだから。

まあとにかく、
授業が一方的なせいで、

「大学の授業をつまらない」

と感じてしまうんだと僕は思ってます。笑

 

大学の授業がつまらない時の解決策

いくら大学の授業がつまらないと言っても、
大学の制度が変わっているのを待っていたら、

あっという間に、
卒業となってしまいます。

「大学の授業がつまらないわ!ふざけんな!」

って言っているだけの、
人にはきっとなりたくないはず。

大学の授業がつまらない時の解説策は、
何かないんでしょうか・・・

 

解決策① 内職をする

内職っていう言葉は、
1度くらいは耳にしたことがあるかもしれません。

内職というのは・・・

内職・・・学校の授業中に先生の話を聞かず、自分自身の勉強を進めること。

引用:Naverまとめ

上の引用にもあるように、
授業中に自分の勉強を進める行為のことを指します。

「そんなことしちゃダメでしょ!」

なんて声も聞こえてきそうですが、
興味もないしつまらない授業を、
ボッーと聞くくらいなら、

その授業中に何か他のことをしていた方が、
自分のためになりますよね。

本当は、

「授業がつまらないなら、
 大学やめればいいじゃん(笑)」

と言いたいところですが・・・

卒業のために、
やむなく授業に出席しなければならない、
大学生もおそらくいるはず・・・

(てか、多分ほとんどだよね。笑)

そこで、
内職でオススメなのが、

・他の授業のレポートなどを仕上げる
・本を読む
・寝る
・自分と向き合う

それぞれ1つずつ解説をしていきます。

 

他の授業のレポートなどを仕上げる

まず1つ目が、
コレです。

つまらない授業の間に、
他の授業の提出物などを、
仕上げることができたら、
かなり生産的だと思います。

だって、
そしたら、

浮いた時間をそれ以外の時間

に使えますよね。

他の授業で宿題がよく出る場合は、
コレがオススメです。

 

本を読む

そして、
2つ目がコレです。

「本なんてつまんない」

という声も聞こえてきそうですが、
大学のつまらない授業を聞くより、
よっぽど良いですよ。

本を読むことで、

・本当に一流の人の意見
・新たな知識の蓄え
・様々な人の考え方

このように、
先人様の知恵をたった1000円〜2000円で、
お借りすることができるのでオススメです。

僕が大学に通っていた頃の友達は、
授業がつまらなくて、
本ばっか読んで、
どんどん賢くなってました。笑

「あの教授の考えは〜〜だね。」

とか、
僕の知らない領域に達してました・・・

 

寝る

これは最終奥義です。

疲れがピークのときにのみ、
この奥義を使ってください。笑

 

自分と向き合う

なんか胡散臭いですが、
実はかなりオススメなのがコレです。

大学のつまらない授業というか、
普通に家でもやってほしいなと思います。

僕ら現代人って、
本とかスマホとか、
テレビとか新聞とかで、

とにかく、
あり得ない位の情報量
を毎日得ています。

今の日本人は、
江戸時代の人が一生かけて入手する情報量を、
たった1日で得ているそうです。笑

だから、
良くも悪くも、
今の人たちって知らないうちに、
周りの情報に流されています。

情報に踊らされてばかりで、
実は自分と向き合えてる人って
かなり少ないです。

ちなみに、
自分と向き合えている
=自分のことがよく分かっている
ということです。

「いやいや、
自分と向き合うなんてダサいし、
そんなことしなくても大丈夫っすわ〜」

という声が聞こえてきそうですが、
ちょっと待ってください。

自分と向き合えていない人に多いのが、

将来やりたいことがない。

という人です。

さっきダサいって言った人たち・・・
将来やりたいことありますか〜?

将来やりたいことがない人の多くの原因は、
自分を振り返る時間を取ってないからだと、
僕は思っています。

勘違いしている人が多いんですが、
勝手に自分の夢や目標って、
生まれるわけではありません。

・自分の強みは何なのか?
・逆にどんなことは出来ないのか?
・自分はどんな形で社会貢献したいのか?
・1年後、3年後、10年後自分はどうなりたいのか?

こうやって、
自分と向き合う時間をたくさん取り、
自分に対して問い続けることで、
初めて自分の願望が明確になります。

また、
将来の夢があるという人も、
自分と向き合うことで、

・自分の夢がより強固になる
・新たな目標が生まれる

こういったことが起こるので、
ぜひ自分と向き合ってほしいと思います。

 

つまらない授業を受けるより、
何倍も濃い時間になることを、
僕が保証します。

自分の頭があれば、
場所問わずできるので、
オススメです。

真っ白な紙に書き出すと、
さらに効果が倍増するので、
使える時は真っ白な紙とペンを使って、
自分の考えを書き出してみましょう。

 

 

解決策② 大学以外でも学びの場所を見つける

解決策①の内職から、
最後の方は、
だいぶズレてしまいました。

(だけど、それでも伝えたかった。笑)

そして、
授業のつまらない時の解決策2つ目が、
大学以外でも学びの場所を見つけることです。

こちらは、
解決策①のように長くないので、
サラッと読めると思います。

ですが、
かなり重要なことなので、
ぜひ集中して読んでくださいね。

ではいきます。

大学の授業がつまらないと感じているならば、
大学以外で学びの場を見つけるのが、
重要です。

これは、
どうしてかというと、
基本的に、

大学の人たちは冷めている。

それは、
教授はもちろん、
多くの大学生がそう。

少なくても、
僕の周りの大学生は、
みんな毎日なんとなく過ごしてた。

楽な授業とって、
バイトして、
サークルして。

こんな感じで、
みんな冷めた毎日を過ごしてる。

人間は、
良くも悪くも、
周りの環境に左右されやすい。

ほら?
親がタレントだと、
子供もタレントになりやすかったりするでしょ?

あれは、
少なからず親の影響を受けているから
だよね。

だから、
当たり前だけど、
冷めた人ばっかの環境に身を置いてると・・・

残念だけど、
あなたもそういう冷めた人間になっちゃう

なんか偉そうに色々語っていますが、
僕もちょうど1年位前までは、

「大学の授業つまんねーなー」

と言っているうちの1人でした。

だけど、
大学の授業をつまらないと感じてからは、

大学以外の場所で色々学べないか
いろんな場所を探すようになりました。

その結果、
今はビジネスの勉強に熱中していて、
今はそれなりの成果も残せています。

気になる人は、
僕のプロフィールをどうぞ。

色々言いましたが・・・

本を読む。
情報を得るだけじゃ、
才能のある人しか変われない
と僕は思ってます。

それは、
さっきも言ったように、
人は環境に流されやすいから。

 

要するに、
僕は大学以外でも、
学べる場所を見つけたから、
大きく変われました。

それは、
学ぶ環境を変えたから。
接する人を変えたから。

世界は大学だけじゃない。

何か、
興味を持てることがあったら、
大学以外の場に足を運んで、
何か学んでみましょう。

自分に興味のあることだと、
グットですね。

学べる場所は、
大学以外にもたくさんあります。

 

まとめ

なんか、
最後は色々偉そうなことを、
言ったかもしれません。笑

ですが、
人生をより充実するために必要なことについて、
ギュッと凝縮させたつもりです。

「大学の授業つまんねーなー。はあ。」

じゃなくて、

「大学の授業つまんねーなー。じゃあどうしよう?

こう考えらえるか、
もしくは考えられないかで、
人生大きく変わります。

自分をもっともっと、
パワーアップさせるためにも、
自分とたくさん向き合えて、
新しい環境に飛び込める人になりましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© 最強の大学生になるためのブログ , 2016 All Rights Reserved.